たまゆら 聖地巡礼 第2回 (竹原編2)

~ おかえりなさい あたたかな街へ ~

作中画像及び写真は、ネタバレに直接結びつくものではありません。

なお、作中の画面は著作権法32条に基づき、写真と比較する為に使用しています。

本ページは「たまゆら」の作品侵害を行う目的はありません。

作中画像の著作権は「たまゆら製作委員会」が所有しています。
g_takehara1

ほり川(竹原市・町並み保存地区)

ほり川は、町並み保存地区にあり、「ほぼろ」のモデルとなった、重要な場所のひとつ。

ほり川入り口(1期・2期・OVA)<引用はOVA>

horikawa horikawa
夜のほり川さん
horinight

ほり川さんのメニュー表

horimenu01 horimenu02

茶坊ゆかり(竹原市・町並み保存地区)

茶坊ゆかりさんは、町並み保存地区にあり、楓の家がやっている喫茶店のモデルになっています。
ほぼ毎話登場する重要な場所のひとつです。(茶坊ゆかりさんに許可を得て撮影を行っています)

茶坊ゆかり正面(引用は2期1話)

cafetamayura-201 yukari

屋外喫茶(引用は2期5話)

yukari-205 yukari-205

茶坊ゆかり入り口(引用は1期9話)

yukari-entrance109 yukari-entrance109

茶坊ゆかり 2階(引用は2期)

yukari2F yukari2F01
yukari2F02 yukari2F03

笠井邸(竹原市・町並み保存地区)

笠井邸は、町並み保存地区にあり、街並みを代表する歴史建築物の一つ。たまゆらにとっても作中(1期)の名場面、「わたしたち展」の会場となる程、重要な場所のひとつ。

笠井邸正面(1期3・10話等)<引用は1期10話>

笠井邸(正面)<10話> 笠井邸(正面)<10話>

笠井邸2階<引用は1期10話>

笠井邸2階<10話> 笠井邸2階<10話>
笠井邸2階-2<10話> 笠井邸2階<10話>

笠井邸から見る町並み保存地区(1期12話)

笠井邸から見る町並み保存地区<12話> 笠井邸から見る町並み保存地区<12話>

(おまけ)笠井邸内たまゆら展示スペース(笠井邸2階)

ポスターとアニメカット集ポスターとアニメカット集 絵コンテ集(12話)絵コンテ集(12話)

西芳寺・普明閣(町並み保存地区)

西芳寺・普明閣は、町並み保存地区の中でも笠井邸などと並んで一番有名なスポットのひとつ。

下記のほか、前ページのオープニング部分にも西芳寺・普明閣の写真があります。

西方寺境内(1期1話)

西芳寺境内 西方寺境内

西方寺鐘(1期11話)

saihoji-111a saihoji-111a
saihoji-111b saihoji-111b

普明閣(2期OP)

2OP07_fumei 2OP07_fumei-sh

普明閣(1期8話等)

1期8話
fumeikaku-2-208
2期1話
fumeikaku-2-201
fumeikaku-2-201

普明閣(OVA・1・5・8話等 引用は5話)

OVA
fumeikaku-5-002
1期9話
fumeikaku-5-109
fumeikaku-5-109

普明閣(OVA・1・5・8話等 引用は5話)

普明閣 普明閣

普明閣からの眺め(2期3話)

fumeikaku-tenbo-203 fumeikaku-tenbo-203

普明閣と竹原市の眺め(Youtube動画)

 

町並み保存地区~道の駅~竹原駅~竹原港(竹原市)

竹原市は安芸の小京都と言われ、観光地としても有名。また海沿いの町でもあるため、海と懐かしい日本の風景が調和した街並みでもある。そんな竹原市の魅力がオープニングにも散りばめられている。

おかかえ地蔵へ登る坂<町並み保存地区>(ポスター)

上り坂途中にある小屋?の中にある人形は実在。いい味出している(この人形は、現存していません)。

お抱え地蔵へ登る坂 お抱え地蔵へ登る坂

お抱え地蔵(町並み保存地区)(OVA・5話)<引用は5話>

地蔵を持ちあげて願い事をすると叶うと言われている。しかし結構重いので注意が必要。

お抱え地蔵 お抱え地蔵

磯宮神社(町並み保存地区近く)(12話)

磯宮神社 磯宮神社

道の駅近くの広場(1話)

(1話)道の駅駅前広場 道の駅前広場
(6話)道の駅駅前広場 西芳寺から町並み保存地区を眺める
広場の筍?に絡まるももねこ様(2話)道の駅駅前広場 道の駅駅前広場

道の駅から竹原港方面高架(6話・OVA1話)

(OVA1話)道の駅高架(6話)道の駅高架 道の駅高架

あいふる316商店街(竹原駅前)(6話等)とももねこ様像<引用は6話>

あいふる316

あいふる316商店街内にはももねこ様の石像がある(アニメ本編には像は登場しない)。

ももねこ様は商店街のほか市内あちこちに見られ、「たまゆら」のシンボルだけでなく、「竹原のシンボル」の一つとも言えそうだ。
ももねこ様像は、季節ごとに色々衣装が変化するそうで、商店街の人たちに愛されているのがわかる。

現在はアーケード門はリニューアルされて現存していません。

なお、台座には声優さんのサイン(ももねこ様役の福井裕佳梨さんと桜田麻音役の儀武ゆう子さん)があった(右写真下参照)。

あいふる316とももねこ様像ももねこ様像の台座(台座上のサインは福井裕佳梨さん。儀武ゆう子さんのサインも見えるのだが、場所が・・・^^;)<ももねこ様像台座のサイン

駅横の踏切(2期1話、1期6話等)

2期1話takehararikkyo-2011期6話(後半)

takehararikkyo-106b

takehararikkyo-201
駅前踏切の河口 駅前踏切の河口

三井金属鉱業煙突(6話)

同工場の煙突は、竹原市街地や町並み保存地区からも一望できる高さ。「たまゆら」本編でも度々登場する。

三井金属鉱業煙突 DSC_0125

竹原港(OVA・5話・6話等)<引用は6話>

竹原港には、「たまゆら」の第二の舞台地、大崎下島(御手洗)へ向かう高速船や、たまゆらラッピングフェリー(右写真下)も往来している。

竹原港 竹原港
たまゆらラッピングフェリー
たまゆらラッピングフェリー
takeharako-2-106 DSC_0119
takeharako-104 DSC_0118

g_osaki

< 聖地巡礼トップへ  ↑ TOPへ