国立駅 南口旧駅舎(現在一時解体中)

住所:東京都国立市北1丁目14-22 JR中央線 国立駅下車すぐ

JR中央線 国立駅の南口旧駅舎は、1925年頃に建てられ、2006年10月まで使用された。現在は一時的に解体されているが、立体化工事終了後に復元されることになっている。三角屋根がトレードマークの木造駅舎で関東の駅百選に指定されており(現在も指定が解除されていない)、「姫ちゃんのリボン」のほか、多くのアニメ作品の舞台として使用されている。

作中画像及び写真は、ネタバレに直接結びつくものではありません。

本作品で引用されている作中画像は著作権法32条に基づき、写真と比較する為に作中画像に著作権者の表示を行い、使用しています。

本ページは各作品の作品侵害を行う目的はありません。

作中画像の著作権は、「スタジオぎゃろっぷ」、「乃木坂春香の秘密製作委員会」、「ウインターガーデン製作委員会」が所有しています。

国立駅旧駅舎(解体前)

hmr-kazetachi-sta

解体前の国立駅南口駅舎。三角屋根が特徴のモダン建築構造となっている。

風立駅(姫ちゃんのリボン 3話 29話等)


hmr-sta

「姫ちゃんのリボン」の舞台として有名な風立駅駅舎。アニメやコミックにも登場し、「姫ちゃんのリボン」には欠かせない存在となっていた。「姫ちゃんのリボン」が放送された当時(1993年頃)は、聖地巡礼というものが未だ定着していない時代であったが、ファンの間では欠かせないスポットでもあった。

白城学園駅(乃木坂春香の秘密 1期8話)

kunitachi-nogizaka-sta

「乃木坂春香の秘密」の数少ない聖地のひとつ。

本作品は国立駅旧駅舎が解体された(2006年)後の2008年にスタートしているため、本作品を手がかりに駅舎を聖地巡礼する事は難しいのだが、最近でも駅舎を舞台としている作品があったことに注目したい。

kunitachi-winter-sta

ウインターガーデンは、国立旧駅舎使用終了直後の2006年12月~2007年2月にかけて制作された「デ・ジ・キャラット」の派生作品(製作はブロッコリー)。国立市周辺を舞台にしている本作品でも、この旧駅舎が登場している。