全話紹介

話数 サブタイトル 放映日 コメント
DVD-BOX 1(1~23話)収録分
1 魔法使いになっちゃった 1992/10/20 エリカが自分とそっくりな姫ちゃんに誰でも変身できる魔 法のアイテムであるリボンを渡し、観察するようにたのむお話。「私はモルモットか!」という姫ちゃんのフレーズが好きだなぁ…。でもあれだけ泥棒呼ばわり したエリカを「顔が同じでしょ」で姫ちゃんがあっさり納得したのになんとなく拍子抜けしてしまった。
2 ショック!先輩の告白 1992/10/27 姫ちゃんが片思いの先輩に愛子に変身しているとき告白されるお話。(つまり支倉先輩の方では愛子に告白してるんだよね…)ポコ太の「大丈夫かな」の後の「帰ろ」のフレーズが特に大好きだ。
3 あこがれの先輩に変身 1992/11/3 姫ちゃんが支倉先輩に変身し、(つまり支倉先輩の気持ち はニセモノには伝わったが本当の愛子には伝わらなかったのだから…)愛子に告白するという技を行った。この時点から大地と姫ちゃんの親しい関係になる出発 点ともいえる。しかし変身姫ちゃんのドジで支倉先輩の評価がガタ落ち?
4 姫ちゃん校長になる! 1992/11/10 思い立ったらきかない姫ちゃんはとうとう初主役で意気込 む支倉先輩が事故で出られなくなったために校長にまで変身して支倉先輩を出してもらえるように脅しをかけた。うぐぅ、女心は恐ろしいなー。まぁポコ太の尽 力で無事に収まったけどね。また、支倉先輩と愛子お姉ちゃんが両思いになって姫ちゃんがまた落ち込む。しかし、ラストでは姫ちゃんのドジでリボンを破って しまう(エリカ様「予想を越えた出来事に困惑中」)
5 ぶっとび少女ひかる登場 1992/11/17 姫ちゃんの永遠のライバル?ひかる登場!直ってないリボンを使用した姫ちゃんが無理に大地に変身したために自分の姿に戻れなくなってしまうお話。後半は元に戻った姫ちゃんが家族の絆の 深さをあらためて再認識するお話。しかし姫ちゃんの「これからはあまり変身のチカラに頼らないようにする」という決意は次話であっさり崩れた。
6 バッタリ!大地と大地 1992/11/24
7 秘密がバレちゃう?! 1992/12/1 姫ちゃんが夢子に変身して大地の弱点を探ろうとするお話。コミックでは姫子は現実に夢子をつれている点がアニメと異なる。
8 誘拐犯になぁーれ! 1992/12/8 誘拐された大地の弟の森太郎を助けるべく、姫ちゃんが体を張って、魔法が大地にばれるのを覚悟で人命優先で森太郎を助け、事件を解決したお話。姫ちゃんが魔法で初めて人に役立った?お話でもある。この点から姫ちゃんのお人よしな面もみえる。
9 ピンチ!記憶が消される 1992/12/15 エリカとの約束を破り、大地に変身のことをばれた姫ちゃんは初めて大地の優しさを知る。しかし有坂静の登場でとりあえずは姫ちゃんはリボンをつけていられることになる。
10 肉まんよりも君が好き! 1992/12/22 有坂静が本編初登場!水沢先生いわくこのときの有坂がいちばんかっこよかったとか…。結局、有坂の目的は姫ちゃんのリボンをとったらハテナ件のラーメンをかけて姫ちゃんが賭けの的にされていた。姫ちゃんにとっては迷惑この上ない話だが…有坂らしいといえば有坂らしい。
11 リボンがあぶない! 1992/12/29
12 好きだっていったのに 1993/1/12
13 SMAPがやって来た 1993/1/19 演劇大会のために姫ちゃんが奮闘するお話。SMAPの草薙剛(コミックでは西川ミナト)に変身して日比野ひかるに追いかけられる
14 ぶっとびひかるの名推理 1993/1/26
15 ポコ太雪山からSOS 1993/2/2 ポコ太が最初で最後のドジをした話。同時にひかるが本格的に姫ちゃんの変身に気づいた場面でもある。(コミックでは夏のキャンプであるという設定が違う)
16 ひかるは何でもお見通し 1993/2/9 姫ちゃんのリボン最大の危機。 ひかるの策略にはまった姫ちゃんが元に戻れなくなる場面から、姫ちゃんが自分の命を犠牲にしてエリカを守った話。ちょっと姫ちゃんは自己犠牲がすぎるん じゃないか?希望としては姫ちゃんが元に戻ったあとのシーンを原作のようにあと最低1話分くらいほしかったような気がする。
17 エッ!変身がもどらない 1993/2/16
18 君には笑顔がにあってる 1993/2/23
19 チョコレートがいっぱい 1993/3/2 大地がチョコレートをもらうために姫ちゃんが四苦八苦するお話。前話が衝撃的だったため、この話がぼやけた感じをもってしまった。
20 アイドルはたいへんだあ 1993/3/9 姫ちゃんのお父さんが所属する事務所の大スター星野まゆり(声:小林優子)の物語。
21 夢に向って走れ! 1993/3/16 見たけど覚えてません
22 GOGO おばあちゃん 1993/3/23 見たけど覚えてません
23 初恋にさようなら 1993/3/30 姫ちゃんが愛子に「姫子の大事!支倉先輩ノート」を堂々と机の上に出しておいたことから愛子が落ち込むお話。話の終わりに破るのだが、それだったら愛子に見られる前に捨てて欲しかった…。
DVD-BOX2(24~46話)収録分
24 魔法の国へようこそ 1993/4/6 姫ちゃんが初めて魔法の国にご招待…。でもこれは姫ちゃんよりポコ太メインの話である。しかし性懲りもなく有坂は…。
25 それゆけボクの無敵パパ 1993/4/13 大地の弟、森太郎君がメインのお話。しかし、あえてエリカが元に戻るもう一つの方法を教えなかったのははじめから知っていたからではないのか?
26 気になる彼女は転校生 1993/4/20 こちらに詳しく書いています。
27 大地の初恋物語!? 1993/4/27
28 仁義なき姫ちゃん! 1993/5/4
29 心をつなぐ遠い約束 1993/5/11
30 ポコ太!愛のために走れ 1993/5/18   
31 母の日にクッキーを 1993/5/25 姫ちゃんのクッキー初挑戦!初めて作った作品はポコ太のクッキー。始めの作品は碁石クッキーならぬ味か何ともいえない作品に仕上がったが、最後には無事に仕上がった。
32 ひかる!大地と衝撃キス 1993/6/1 占いと偶然のお話。しかし大地とキスしたひかるには笑わせられる。大地は大地でも…。
33 お気楽カミルに大迷惑 1993/6/8 有坂のいとこ、大地とそっくりの魔法界の人間のカミルが人間界に降りてきて騒動を起こす話。
34 負けるな!半熟先生 1993/6/15 姫ちゃんの親戚の初音お姉ちゃん(声:井上喜久子)が教育実習として姫ちゃんのクラスを担当する。しかしひかるを中心とした女子によるシカト事件が起こるが、五利先生の優しい面もみられる話。
35 迷犬ポチにご用心! 1993/6/22   
36 支倉先輩!青春の旅立ち 1993/6/29   
37 隠れ家がなくなる日… 1993/7/6 アニメ版隠れ家が壊される危機に陥る話。コミック版ではこれがエンディングとして利用されている。かくれ家の開かずの間の秘密がカギとなるんだよね(詳細はコミックで)
38 いたずら妖精 大騒動! 1993/7/13 魔法の国のいたずら妖精マッシーとホッシーが人間界で暴れる物語。
39 ホットケーキは甘い罠 1993/7/20
40 ハチャメチャ友情大作戦 1993/7/27   
41 小さな恋人たち 1993/8/3 唯一の姫子の妹夢子がメインになった話。夢子が最近元気がない。森太郎も同じ理由で元気がな い。しかしそのことがきっかけで2人が仲良くなる。その原因を探るべく森太郎や夢子に変身したりする姫ちゃん。余談だが、7話がコミック版のようになって いたらこの話はある意味なりたたなかったのかもしれない。
42 キャンプでUFO! 1993/8/10   
43 プールでドッキリ! 1993/8/17 2重に約束したため起こった自業自得行為とはいえあちこちで姫ちゃんは隠れたり走ったり忙しく 動いてしまう姫ちゃんにはらはらさせられる。そんな中まるく収まって最後にお父さんに感謝する姫ちゃんの姿がほほえましい。お父さんの優しさに家族ってい いなーって改めて感じさせられる作品。しかし、さぞかし遊園地での夕飯は美味しかっただろう。
44 ひかるの懲りない夏休み 1993/8/24   
45 初恋メモワール 1993/8/31 支倉先輩の姫ちゃんの初恋レビュー。
46 支倉先輩…さようなら 1993/9/7 支倉先輩が留学のために日本を離れる。遠距離恋愛が始める愛子中心の物語。
 DVD-BOX3(47~最終話)収録分
47 大地のいない夏休み 1993/9/14   
48 狙われたおかあさん 1993/9/21 夢子が誘拐されたお話。無邪気に喜ぶ夢子がちょっと…。しかし誘拐し た犯人の動機は幼稚だが、偶然が絡み国家機密が絡む事件に発展するという何ともとんでもない事件へと発展した。この物語のハイライトが3曲目のED「君は 君だよ」に使用されている。しかしここでもポコ太の努力は光ったものの結局巨大ネコに間違われた(悲)。
49 ハートタクトで大あばれ 1993/9/28
50 スモール姫ちゃん大失敗 1993/10/5 姫ちゃんが演劇部であやつり人形劇をやることになったが、(いつもの?)姫ちゃんのドジで人形 を壊してしまい、姫ちゃん自身が魔法で自分自身人形になることになる。ひかるの「あの人形生きてるみたい…」が笑わせてくれる。しかしポコ太もとんでもな いご主人様を選んだものだな。
51 リボンの約束 1993/10/12 1話・16~18話のプレイバックハイライト
52 ポコ太とお別れ? 1993/10/19 15話・24話のプレイバックハイライト(ポコ太メインで描写)
53 ラブストーリーはつらいヨ 1993/10/26   
54 愛美の剣道一直線 1993/11/9 料理部で姫ちゃんの親友の森愛美が大地の親友、高田哲夫に恋をしていくお話。
55 姫子のドタバタ恋愛講座 1993/11/16 なかなかテツに告白できない愛美が姫ちゃんたちの後押しで両思いになるお話。しかし、姫ちゃんは自分でも言っているが愛美の努力を邪魔してしまう。
56 思い出プレイバック 1993/11/23 1~5話のプレイバックハイライト
57 ちょっとだけ恋の予感 1993/11/30 6・17・19・26・27・29話のプレイバックハイライト
58 私を未来に連れてって 1993/12/7 姫ちゃんが有坂にもらった過去・未来に行ける時計(コ ミック版では姫ちゃんが魔法の国に行った時にエリカからもらうという設定になっている。)クモ助に乗り3年後の世界に興味を見に行くことになる。そして、 未来の大地と姫ちゃんに「未来は分からないから面白いんだ」と教えられえる。しかし、この日を待ち遠しくしていた姫ちゃんが待ち合わせの場所に遅れたのは 当日補習をうけていたためなのだ。
59 さよならがいっぱい 1993/12/14 夢子と大地の弟、森太郎が家出する。しかし、発見されたものの大地の様子がなにかおかしく、ち らっと夢子が「大地のお父さんが」といったのを思い出し、こっそり姫子は大地のお父さんの職場へ行くと転勤により大地が引っ越すことを知る。落胆の表情の姫子に追い討ちをかけるようにエリカ王女の魔法試験合格により、ポコ太とエリカと別れることになることに悲しみをあらわにする。
60 大地が大好き 1994/1/11 事実上の最終回。落胆にひたる姫ちゃんにポコ太は最後のお願いとして、大地に告白することを頼 む。しかし、大地は引越し先しても通えない距離でないからと姫ちゃんの通う学校へ引き続き通うと宣言。同時にポコ太やエリカもリボンの魔法が使えなくなる が、今まで通り会話ができるという結末を迎える。(コミック版ではかなり違った結末になる。)
61 魔法の国は大騒動 1993/12/21 姫ちゃんのリボンの番外編ともいうべきお話。大地が魔法の国へ行くのがこの話が初めてである。 エリカがパーティのため姫ちゃんと大地を魔法の国へ誘うが結局ひかるまでついてきてしまい、大変な騒動となる。しかし、結果としてひかるにはこれは夢の中 でのお話という結末に落ち着く。