tamayura

t_tamayura_spot

 

たまゆら
plofile

たまゆらとは?

広島県竹原市を舞台とするヒーリングストーリー。写真好きの女子高校生 沢渡楓(さわたりふう)とその友人達がそれぞれ協力しあって夢をおいかけ、成長していく物語。

待っていてくれたのは「温かい心」と「おかえりなさい」

「たまゆら」は色々と事前準備をして作られた作品。舞台地も佐藤順一監督が、単線が通り、海が見え、懐かしい雰囲気のある町を選んでいた時に竹原市を選んだという。 地元竹原市も地域活性化につながればと、市ぐるみで広報活動に積極的(市役所の看板など)。 竹原市や大崎下島(呉市)の歴史的な建造物や憧憬の路などの地域イベント、年末年始の風景も綿密に取材し、その部分が作中の随所に出ている。 ただ物語が悪ければいくら地域がバックアップしても意味が無いが、aria路線を継承した心あたたまる作風が評価されており、郷土愛と温かさがつまった作品であり、ファン層支持に支えられ、2期制作も決定。nhkもクローズアップ現代で特集されたり、2013年春、広島限定だが日曜の昼に放送するなど、世間的にも一定の評価を得ている。

スタッフの要素もふんだんに盛り込まれた作品。

オリジナル作品ならではの意識付けもある。制作スタッフや声優さんの性格やなどもキャラクターに随所に見受けられる。

  • キャラデザの飯塚晴子さんの学生時代の制服が制服になった。
  • 所属会社が違う歌手が作品で歌うのは本来できないことだが、marbleさんの熱望と佐藤順一監督の努力により条件付きながら実現が可能となった。
  • メインキャラの声優さん起用も竹達彩奈さん以外はオーディションしていない(「aria」や「うみものがたり」で評価を受けた阿澄佳奈さんと、その親友でラジオでの評価が高い井口裕香さん、昨今佐藤順一監督とも親交があり、作品はもちろん、イベント・裏方でも重要な役割を担う儀武ゆう子さん、「うみものがたり」で評価を得た寿美菜子さんなど)。
放映期間
  • 【OVA】 2010/11/26~2010/12/23 (全4話)
  • 【1期】 (hitotose)  2011年10月3日~2011年12月19日(全12話+1話)
  • 【2期】 (もあぐれっしぶ) 2013年7月~2013年9月18日(全12話+1話)
  • 【映画】 完結編<4部構成> 2015年4月~2016年春(予定)
製作会社 tyoアニメーション 原作 佐藤順一 監督 佐藤順一
オープニング おかえりなさい(1期)・はじまりの海(2期)・ 「やさしさに包まれたなら」(ova)
エンディング 神様のいたずら(1期)・ありがとう(2期)・夏鳥(1期/ova)・あしたの陽だまり(1期)・花火(1期)・a happy new year(1期)・メロディ(ova)
舞台地
  • 広島県竹原市(1期・2期・ova 全話)<メインの舞台地>
  • 大崎下島(兵庫県呉市)(1期4・6・11話)<ヒロインの1人、桜田麻音の出生地及び実家の場所>
  • 神奈川県横須賀市汐入(1期1話・5.5話・2期7話)<主人公沢渡楓が竹原に引越しするまで暮らしていた場所及び三次ちひろ・ともちゃんが暮らす町>
  • 広島県三原市・呉市(1期・2期)
  • 広島県尾道市(2期)
内容
内容 評価
感動度
100
ギャグ度
30
友情度
80
アクション度
0
サスペンス度
80
恋愛度
10
家族愛度
50
冒険度
50
現実度
100
ほのぼの度
40
切なさ・痛さ度
70
cast
キャラ名 声優名 コメント
沢渡楓 竹達彩奈 愛称はぽって。生まれ故郷は神奈川県横須賀市汐入だが、幼少の頃から亡き父親に連れて行ってもらった広島県竹原市に愛着を持っていた。中学卒業と同時に家族全員で竹原市に引越しを行う。愛称は「ぽって」(ぽってぽってと歩く様子から)だが、汐入時代は親友のちひろから「ふうにょん」と呼ばれていた。 根はまじめで慎重派。よくパニックになり、わたわたとする女の子だが、しっかりとした面も見せる。 趣味は父親の影響を受け、写真撮影(デジカメではなく昔ながらのフィルム式)。「~なので」という語尾をつけるのが口癖。
塙かおる 阿澄佳奈 楓の親友のひとりで、高校のクラスメイト。クールな性格で姉御肌でツッコミ役。ポニーテールが特徴で、自称匂いフェチで色々なポプリを持っている。親友ののりえからは「かおたん」と呼ばれているが、気に入っておらず、「かおたんいうな」と切り返す。 「合格」「不合格」が口癖。
岡崎のりえ 井口裕香 ツインテールの女の子で楓の親友。明るくしゃべり好き。ポジティブ思考なマイペースな性格で行動的。楓の弟、香のことが大好きである。可愛いものが大好きで「ざっくり」が口癖。 楓の「ぽって」の愛称の名付け親は彼女。
桜田麻音 儀武ゆう子 のりえの中学時代の親友。黒髪ストレートヘアで、口下手で内向的な性格。実家は大崎下島(広島県呉市)で旅館を経営しているため、竹原で一人暮らしをしている。 前述の通り口下手な性格のため、口笛で感情を表現する(麻音の口笛の意味はのりえだけが解読できる)。 妄想癖があり、かなり気まぐれな面もある。中の人との性格のギャップも激しい(汗)。
沢渡香 宮本佳那子 楓の弟。純情で可愛らしい面もあるため、のりえの大のお気に入り。楓との姉弟愛は良好。
三次 ちひろ 寿美菜子 横浜汐入に住んでいる楓の幼馴染。友達思いの涙もろい女の子でぬいぐるみが大好き。
三谷 かなえ 茅野愛衣
沢渡珠恵 緒方恵美 楓の母親。祖母と一緒に「cafeたまゆら」を経営している。
楓の祖母 松尾佳子
楓の祖父 稲葉実
塙 さよみ 大原さやか かおるの姉
こまち 広橋涼
志保美りほ 葉月絵理乃
写真店店主 中田譲治
ももねこ 福井裕佳梨
八色ちも 松来未祐
保志まなみ 中島愛
飛田志摩子 斎藤千和
堂郷和太郎 間島淳司
下上山 むつこ 西村ちなみ
かおるの父 野島昭生
麻音の父 古川登志夫
麻音の母 平野文
はるみ 矢作紗友里
ともちゃん 東山奈央
藤井みその 大亀あすか
酒屋 鈴村健一